葉の上にあるカプセルと瓶

先発のED治療薬はクリニックに行くことによって処方してもらうことが可能なので、EDで悩んでいる人は迷うことなく病院に相談するほうが良いです。
来院をする時には事前に電話を入れておけば、問診から薬の処方までの時間を短縮することが出来るので無駄な時間を使う必要がなくなります。

日本国内で服用できるED治療薬は二つの種類がありますが、このような先発医薬品と言うのは基本的に病院でしか処方してもらうことが出来ません。
そもそも、ED治療薬やEDに関連する手術に関してはごく一部の例外を除いて保険の適用がないということを理解しておくことが大事なのです。
保険の適用があるのは技術が発達してその分野における先進的な技術が確立されてからです。
日本国内のEDに関する治療薬やそれに関連する技術は日本国内におけるそうした基準を未だに満たしていないので、病院に行っても自由診療という形で診察を受けなくてはいけません。

では、日本国内ではED治療薬のジェネリックを入手することは出来ないのでしょうか。
ジェネリックを入手するときには、個人輸入で海外のジェネリックを扱っている業者を選ばなくてはいけません。
注意をしなくてはいけないのは、ジェネリックを輸入している業者の中には知らない内に偽物をつかまされてそれを輸入している業者も少なくないということです。
海外における薬の事情は日本とは全く異なっているので、ジェネリック医薬品の中に簡単に偽物を入れることが可能になっています。
当然ですが、偽物の成分は正規のジェネリックとは全く異なっているものが多いので、誤って服用すると酷い副作用が生じることもあります。
そのため、ジェネリックを入手するときには慎重に行動しなくてはいけません。

記事一覧
バイアグラ・レビトラ・シアリスの服用タイミング

バイアグラ、レビトラ、シアリスはいずれもED治療薬であり、その有効成分はそれぞれクエン酸シルデナフィル、バルデナフィル、タダラフィルです。こちらの3つはとても知名度が高く、初心者にもおすすめできるED治療薬になっています。EDとは勃起不全症のことで、近年日本ではその治療を受ける患者数は増加してきてい...

2019年09月02日
ED治療薬ジェネリックの個人輸入代行

ED治療薬は男性特有のコンプレックス対策に必須なお薬ですが、なにぶん特別な成分と効果を持つ商品なため、一般的な医薬品と比べた場合、とても高価になっています。ED治療薬に強い関心があるが、一錠あたり1000円オーバーな医薬品にはちょっと手が出ない、そう思う男性ユーザーがいらっしゃいます。確かに一晩に1...

2019年09月17日